top of page

スイッチ・オン/オフで遺伝子を活性化させる

更新日:4月24日

よい思いがよい遺伝子のスイッチをオンにし、悪い思いは悪い遺伝子のスイッチをオンにする


あなたは、どんな思いで毎日を過ごされていますか

長年の遺伝子の研究の成果から、遺伝子にはスイッチのようにオン/オフの機能があることがわかっています

ですから、遺伝子のスイッチ・オン/オフということを考えればいいのです

自分にとって好ましい遺伝子をスイッチオン/オフして働いてもらい、好ましくない遺伝子はオフにして眠らせる。遺伝子オンの生き方とは、遺伝子の能力を自分でコントロールして生きるということです


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

見えない心の働きが遺伝子スイッチオン/オフを決める

ストレスにはネガティブストレスとポジティブ・ストレスがある ネガティブストレスは悪い遺伝子をオンにし、ポジティブストレスはいい遺伝子をオンにする 遺伝子のスイッチ・オン/オフは、どんな時に起こるでしょうか 次の3つの要因が考えられています ①物理的要因:外的にケガをしたとき、もとどおりに治ります。これは再生に関わる遺伝子のスイッチがオンになるからです ②科学的要因:タバコを吸うことでニコチンやター

Comments


bottom of page