top of page

見えない心の働きが遺伝子スイッチオン/オフを決める

 ストレスにはネガティブストレスとポジティブ・ストレスがある ネガティブストレスは悪い遺伝子をオンにし、ポジティブストレスはいい遺伝子をオンにする


 遺伝子のスイッチ・オン/オフは、どんな時に起こるでしょうか 次の3つの要因が考えられています

①物理的要因:外的にケガをしたとき、もとどおりに治ります。これは再生に関わる遺伝子のスイッチがオンになるからです

②科学的要因:タバコを吸うことでニコチンやタールなどの化学物質が体内に取り込まれると、肺がんになる確率が高まると言われているのは、眠っていたガン遺伝子が目覚めて働きだすからです

食べ物も科学的要因と捉えることができます。良い食生活が良い遺伝子をスイッチ・オンすることは容易に想像できるでしょう

③精神的要因:肉親を失うような大きな精神的ショックを受けると、一晩でドッと白髪が増えたり、髪が大量に抜けたりします これは、毛髪のタンパク質をつくる遺伝子がオフになったか、あるいは老化の遺伝子がいっきにオンになったと考えられます

 

 昔から「病は気から」というように、心の働きが肉体に影響を与えることは、多くの人が気がついていたことです

 私たちは、この目に見えない心の働きを、遺伝子のスイッチオン/オフで捉え、私たちがwell-bingな人生を送るヒントを科学的に証明しています



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スイッチ・オン/オフで遺伝子を活性化させる

よい思いがよい遺伝子のスイッチをオンにし、悪い思いは悪い遺伝子のスイッチをオンにする あなたは、どんな思いで毎日を過ごされていますか 長年の遺伝子の研究の成果から、遺伝子にはスイッチのようにオン/オフの機能があることがわかっています ですから、遺伝子のスイッチ・オン/オフということを考えればいいのです 自分にとって好ましい遺伝子をスイッチオン/オフして働いてもらい、好ましくない遺伝子はオフにして眠

Comments


bottom of page